世帯年収500万前後の家庭に潤いをお届け
OCN

V6アルファを解約しようと思います(前)

どうもこんにちは。さんぺい(@3pei_tw)です。

割と刺激的なタイトルだと思うのですが、別にOCNをやめるわけではありません。

いろいろ考えた結果、オプションサービスのV6アルファをやめようと思った話です。

 

なぜV6アルファを解約するのか

もともと、V6アルファというサービスは「IPV6を使いつつ、IPV4も使えるサービスはこれしかない」と考えて契約しました。

こんなことも過去にはやってました。きっと燃えていたんでしょうね。

 

 

が、先日ふとOCNサイトを見ていたところ、こんな記述を見つけました。

 

Q5.市販のルーターでIPoEを利用するメリットはなんですか?
A5.お客さまのご利用環境、ご希望に応じて、お好きなルーターを選択いただけます。

出典元はこちら

 

 

 

 

 

な!なんだってー!

 

 

 

 

 

 

おいおいおいおいおい、市販品でつながるってどういうことよ!

急いでサイトをあさって情報を確認します。

すると見つけたのがこちら

バーチャルコネクトとか書いてますが(OCNのNWを他社に貸し出すサービス。要は一緒)、コンシューマ向けのサービスも一緒でしょうからこれが2021年4月現在一番正確な情報なんでしょう。

これらの中に所持しているルーターがあるか確認します → もちろんない

 

ここで少し考えます。そして、方針が固まりました。僕の脳内会議が終了します。

 

●V6アルファは解約する
→税込み550円/月で、セキュリティ機能とかいらないものに金は払いたくない

●代替環境として、最新規格WiFi6対応且つIPoE対応のルーターを導入する
→そのうちレンタルルータにLANでつないで入れようかと考えていたけど、気が変わったw

●いきなり解約すると万一失敗したときにネット環境がなくなって仕事も生活にも影響出る恐れがあるので、先に代替端末を買ってつなげてみて、それから解約することに。

 

代替端末を選定・購入する

前出の対応端末一覧から、WiFi6対応のものを抜き出し、価格は8000円未満あたりで検討を始めます。

ほどなく下記の3つが候補に挙がります。

  

※ちなみにIODATAの2つは今ならタイムセール中で激安でした

 

WiFi6っていうとちょっと前はえらく高い端末でしか使えないと思ってましたが、これもずいぶんと下がったもんです。

 

で、この中で何を選んだかというと、このような選択基準がありました

 

・中継機能がついていること
→しくじったとき中継機能があればなんとか生き残れるはず

・Goo/OCNポイントが使えること
→嫁のスマホを買った時のポイントを含めて6000円以上のポイントがたまってた

 

これらを考慮して、さっき買ったのがこれ


これまでNECばっかり使ってたんですが、バッファローも使ってみようかな、と。

ちなみにOCNのポイントが使いたかったので実際購入したのはNTT-Xです。

※残ってたポイントを一気に投入しました
※OCN→デジタルストア→NTT-XでOCNのポイントを1ポイント=1円のクーポンにして使いました。ちなみにこのあと送料が追加されて1000円を超えました(汗

 

ということで前編はここまで。

次回は代替端末が届いてつないだあたりと、解約の流れを書くようになると思います。

 

ちなみにオプションサービスのV6アルファには最低利用期間っていう縛りがあって、契約後24か月間は違約金がかかるそうなんですが、僕が契約したのは2018年6月なのでクリア。

よくよく見てみると、IPoEを一般に開放したのが2020年6月と書いてたので、2年待って開放しやがったんだなと理解。しかも大きく宣伝しないから使い続けちまったじゃねーか!

 

OCN光&OCNモバイルONE
こちらもどうぞ

そもそもOCNを引いてない、という方は是非ご検討を!

固定回線がOCNならスマホもOCNに揃えてもっとお得に!
さんぺいもずっと使っているモバイルONEがおすすめです!