最近の俺

モバイルSUICAで新幹線の隣同士の2席をとる場合

こんにちは、さんぺい(3pei_tw)です。

5月ももう終わり。五月病なってませんか?僕はいつでも五月病です。てへっ。

※検索からこられた方、まじごめんなさい。本件について裏技はありません。正攻法の記録です。それでもよければ続きをどうぞ。

仙台から舞浜へ

先日ディズニーランド詣でをする機会がありまして、それはもう存分に堪能してきたんですがそんなことを書いても誰の得にもなりません(僕の欲求は満たされるかもしれませんが)。

そうではなくて、今回は視点をちょっと変えてみました。

僕は地方都市仙台に住んでまして、舞浜へいくにはさすがに鈍行に揺られて十数時間かけていくわけにもいかず、バスや車を除けば飛行機か新幹線を使う必要があります。

(30代くらいまでは夜行バスって手があったんですが、40代ともなると結構厳しいんですよ。体の節々が痛くなっちゃってねぇ)

で、仙台↔舞浜で空路を使うっていうのもちょっと現実的ではなく、結局は東北新幹線にすがるしかないってことになります。

 

モバイルSUICAで新幹線の2席のブロックを取る

今回のお題はこれです。先だって嫁さんもJREカードを取り、無事モバイルSUICAが使えるようになってました

※注:AndroidのSUICAはViewカードがないと現状は有料(無料化が決まっている)
なおクレカ不要な”EASYモバイルSUICA”もあるが特急券には使えないのでここでは考慮しない

 

今回は別にモバイルSUICAなど使わずに普通にトクだ値とか使ってとろうとしてたんですが、SUICAで新幹線に乗れるってのも少し気になってましたので、からかい半分で値段を見てみました。どうせ大差ないだろう、安くても100円200円くらいの違いだろう

そう思っていました。

それがまさかあんなことになろうとは・・・・・。

 

 

価格一例

※例として5/28朝7時に仙台→東京駅まで行った場合の価格を載せています。左側が通常料金、右側がモバイルSUICAです

 

 

 

せ、千円以上安くなってる・・・・

 

 

しかも貧乏人にはなかなか手が出ない「指定席」も自由席と同額と来た日にゃ、もう使わない理由はないですよね。。

 

そこで問題が発生・複数席取れない

はい、当然のように問題が勃発します。何かというと、隣同士の席がとれないんです。モバイルだと。

もともとが1人1つの利用が原則なSUICA、多人数の時は改札で別途切符を買って渡す程度ならできますが、1つのモバイル端末で多人数の同時利用というのは認められていないようなんです。

 

 

Yahoo知恵袋より。さすが人類の英知が凝縮されたサイト。的確な回答が載っています。

 

 

携帯電話一台につき所持している人一人しか利用できません

 

 

公式の情報がないかとざっと見てみましたが何故かPDFが上のほうにありました・・・。

ということで↑ではバラバラの端末で座席表を使ってやればいいじゃない、と仰っています。ま、仕組みを考慮すれば正論ですわな。

 

ただ1つ気になります。

 

もしも1人が予約中に隣がとられてしまったら?

 

はい。妻の隣に見知らぬおっさんが座り云々。僕はネトラレ属性は持ち合わせておりませんのでそんな状況には耐えられません。

 

そもそも2席とは

こういう感じで3席ー2席で構成されているのがメジャーな作りです

余裕をもってA-Cと取った場合、混んできてあとからBに入ってくる可能性がないとも言えない

A-Bと取ってあとからCにほかの人が来ても気まずい。

ならばお前臭い寄ってくんな、とかデブじゃまだ、とか言われたとしても、D-Eで2人だけの空間を確保しておくのがベスト。ロマンティックでもなんでもないけどね。

 

秘策・窓際からとる

なんてことはない。誰でも思いつくだろう作戦なわけですが、大抵2席のとこっていうのはビジネスマンが窓際をサクッととることで埋まるケースが多いかと思います。

ならば窓際さえ取れれば通路よりの席をそのあと抑えればいいわけですから、安心確実です。

 

嫁を横に置き、先に2席で窓際の空いているところを抑えさせます。

※我が家では通常奥様が窓際にお座りになられることが多い

抑えた段階で僕が同じ列の通路側を確保。うまくいきました。

2席で通路側から抑える奇特な人がいたらどうしようと思いましたが、考え過ぎだったようです。

同じ手順で帰りもとりました。

 

まとめ

・新幹線乗るならモバイルSUICAをつかっておけばOK

・モバイルの特急券で隣り合った席を一度に確保することはできない。2人仲良く並んで窓際から抑えるのが吉(必ず成功するという保証はない)

 

以上、ご精読ありがとうございました

ABOUT ME
sampei
新しもの好きな40代おっさんです・・