どんどんシェアしちゃってください!

スポンサーリンク

ZABBIX4.0正式版をインストール(Betaからの更新)

どんどんシェアしちゃってください!

はじめに

統合監視ツール、ZABBIXの最新版4.0がようやく一般提供開始になったのでさっそく手を付けてみた。

なお当方には2つの環境があったので2つの方法でインストールしてみた

いずれも既にZabbixが動いていて4.0Beta1が入っている。

作業概要

①で既存ファイルを削除、新規のファイルを入れる方法

②でyumを使ったupdateを実行してみた

なお環境については以下の通り

OS)①CentOS7.5 ②CentOS7.4
PHP)①PHP7 ②PHP5.6
DB)①Ver 15.1 Distrib 5.5.60-MariaDB ②Ver 14.14 Distrib 5.6.36
Zabbix)①②ZABBIX4.0Beta1

となる。

作業詳細

①既存RPMを削除して入れ直すパターン(DBはそのまま残す) ←結論から言えばこっちが推奨方法

●まずは-eで削除。消せねーよと怒られた場合は–nodepsを付ける
rpm -e zabbix-release-3.5-1.el7.noarch
rpm -e zabbix-web-mysql-4.0.0-1.1beta1.el7.noarch
rpm -e –nodeps zabbix-web-mysql-4.0.0-1.1beta1.el7.noarch
rpm -e –nodeps zabbix-web-4.0.0-1.1beta1.el7.noarch
rpm -e –nodeps zabbix-server-mysql-4.0.0-1.1beta1.el7.x86_64

公式で教えてもらったコマンドをそのまま投入
rpm -i https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

●インストールに際しキャッシュが残ってると怒られるので削除
yum clean all

●yumでインストール
yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent


②そこまでやらなくともいいんじゃね?ということでRPMをいじらずやってみた

●キャッシュを削除
yum clean all
rm -rf /var/cache/yum

●update
yum update zabbix*

結果

①RPMから入れ直した場合

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.0.0
Revision 85308 1 October 2018, compilation time: Oct 1 2018 08:41:15

②yumでUPDATEさせた場合

# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.0.0rc3
Revision 85283 28 September 2018, compilation time: Sep 28 2018 13:55:31

rc版だ・・・

結論

面倒臭がらずにきちんとやりなさい、ということらしい・・・・

①の削除再設定でおねがいします

最後までみていただいてありがとうございました。

たいしたものないですが他のZABBIX記事もよかったらどうぞ

※グラフの文字化けの直し方も書いてたと思います

「zabbix」の記事一覧です。