どんどんシェアしちゃってください!

スポンサーリンク

64bit機に32bitを入れる

どんどんシェアしちゃってください!

blickpixel / Pixabay

朝干した洗濯物がもう乾き始めてて、「あー助かるわー」と思ってしまう今日この頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日仕事でISDN-TAをつなぐ必要のあるPCを更改しようとしたときの話です。

TA=たーみなる・あだぷたー。てれふぉにー・あだぷたーではありません。

現在においてはほとんど忘れ去られている機器の1つですが、今なおしぶとく生き残っているものもたまーにあります。

説明書の日付をみたら2007年だって。11年前・・・・・

これが数少ない現行品の1つというから微妙である。でも腐ってもAterm。WiFiは使えないがもうちょっとがんばってもらわないと、ということで本題に戻ります。

やりたいこと:TAにつなぐPCを無線機能なしのWin7から偶然確保できた無線機能ありのWin7へ変更する

ただ繋ぎ変えればいいじゃん、というのは平成の発想。最近ではめっきり減った「ドライバ」をいれないと認識してくれない。まずはそこから。

ドライバがはいらない

普通にドライバあてて繋ぎ変えれば使えると思ったんです。本当です信じてください。

でも現実はそうではありませんでした

手順ではユーティリティソフトをインストールしてUSBを繋ぐとセットアップが始まりますとの記述あり。しかしつないでもうんともすんとも言わない我がPC(hpの255G5)

再起動→変化なし。アンインストール&再インストール→変化なし。

困ったときの先生頼みで検索すると32bitとか64bitとかの文字が目立つ。 ハッ!

64bit(x64)版には対応しておりません。(出典元:公式ページ)

ここまで半日。おいおまえ給料泥棒じゃね?と言われても反論できない。。。

32bitにできない

すでに半日が過ぎて後戻りできない状態だったため32bitOSのクリーンインストールを決断。

その後メディアをかき集めたり別件業務をこなし、飯を食いすでに日が落ち始めている時間帯。

32bitバージョンのWindowsはEFIベースのコンピーターにはインストールできません。EFIベースにインストールするには64ビットバージョンのWindowsを使用してください
(出典元:yahoo知恵袋/文言忘れたので)

泣きそうになった。こうなればもうやけくそである。

BIOSをいじくりまわし、奇跡的にインストール成功 ←どこいじったか忘れた人

教訓:無理はするもんじゃない

とりあえずなんとかすれば(元)64bitのWin7にIT21Lをつなぐことはできる、っつーことで。