世帯年収500万前後の家庭にちょっとの潤いをお届け
OCN

IPoE

いろんなサイトでIPoEの話が出ている。
やれ繋ぐと速くなるとか
やれアドレスが枯渇しているだの
いまいち欲しい答えが見つからない。

欲しい答えとしては、どうやったらこのサービスの恩恵にあずかれるのかという点のみだが、なかなかいいページにあたらない。難しいもんだ。

で、いろいろみている間に大体わかってきた(知ったかかもしれん)のでざっと書いてみる

さんぺいの考えるIPoE

・IPoEに対応していてフレッツのV6オプションも入っていれば、とりあえずv6でつながる
(うちはOCN。例えばルータをローカルルータにして非PPPoE環境にすればいい。認証なしでネットにつながるのは新鮮)
・ただし完全なv6の世界のみの住人となるため普通のページはみられない
(v6のテストサイトをPPP接続のうちにブラウザに残しておけば「漢」と呼んでくれる)
・v4サイトを見たければDS-Lite機能付きのルータを使うしかない
(v6接続時に提携しているv4接続用プロバイダへつないでくれる)
・仮想でLinuxを入れてそいつに設定すればできなくもなさそうだがめんどくさい

ということで少なくともNECの安物ルータしかない我が家でIPoEはプロバイダが対応しててもルータが対応してないと使えないということ。
一番安いのがIODATAのらしい。そのうち買おう
(OCNはこの時点で対応してなかった。20180804追記)

 

そもそもIPoEとは

上記はIPoEとよく比較される接続方法の”PPPoE”との比較を書いています。

異論あるかもしれませんが、簡単にいえばPPPoEはIPv4向けの技術、IPoEはIPv6向けの技術であると言えます。

正直に書けば、快適なのは利用者が少ない今だけで、V6を使う人が増えればまた混雑が発生して遅くなりそうな気もしてしまうのですが、はてさて今後どうなることやら。

 

追伸

その後、OCNでIPoEが提供開始になったので早速飛びついて使っています。

V6アルファ。もう使い始めて1年を過ぎています。

2020年1月現在、至って快適です。毎月500円払っていますが、OCNは基本料金が手ごろなのとモバイルも寄せることでさらなる割引が加算されていて、もう抜け出せなくなっています。

※光モバイル割。1回線で200円割引で、うちでは嫁のもあわせて毎月400円の割引になっています。

メールもGMAIL並みに使い勝手がよくなってますし、利用者が多いのもうなづけます。

是非ご検討を。

ABOUT ME
sampei
新しもの好きな40代おっさんです・・ 詳しくは こちら へ
OCN光&OCNモバイルONE
こちらもどうぞ

そもそもOCNを引いてない、という方は是非ご検討を!

固定回線がOCNならスマホもOCNに揃えてもっとお得に!
さんぺいもずっと使っているモバイルONEがおすすめです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください